FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
13
14
15
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

最近のトラックバック

ブログ内検索

スノードーム 『 スコットランド ネッシー 』

友人からのいただき物です~っ 

ガラス型のスノードームも 良いですねぇ~。
キラキラ反射して 『きれい~っ!!!』

IMG_2187-2.jpg

スコットランド からやって来ました。
      ネス湖の ネッシー君です。(恐竜)

最初は バグパイプを持った カエルさんかな…?と
思いました…よくみると ネッシー君 でした♪


スポンサーサイト



テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

スノードーム  『ベルギー 小便小僧』

スノードーム 
オランダのお隣 ベルギーにて購入しました。

IMG_2174.jpg   ベルギー ブリュッセル
       『小便小僧』


IMG_0803.jpg  





        
        こちらが ベルギー ブリュッセルにいる 
        元祖 『小便小僧』 ジュリアン君!
        この 『小便小僧』かなりの衣装持ちです。 
        はだかの時もあれば 時間になると
        お役所のヒトが世界中の民族衣装の
        お洋服を着せに来ます。
        (約600着という説もあれば700着という…)
        うらやましい ジュリアン君です~♪        

テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

スノードーム 『 オランダ 』

『スノードーム』 が大好きですっ。

旅行に行くと必ず 自分用のお土産には
『スノードーム』 を探しています。
(そのわりには マイコレは まだまだ少ないです…)

昔 『スノードーム』というモノに 見向きもしなかった頃には
観光地の あちこちで みかけたモノですが
いざ 自分で探すとなると なかなか みつからないものですね…

ワタシの集めている 『スノードーム』は…
だいたい オーソドックスな 観光地の 『スノードーム』です。
(下の写真のような…こじんまりとしたモノです。)
(このタイプもひとまわり大きなモノもありますが
 ワタシは 小さな方を集めています。)

IMG_2169.jpg   
   こちらの スノードームは
   オランダの 『キューケンホフ公園』にて
   購入しました。

      




バックにあるのは風車…雪(?)がへばりついて 何がなんだか わかりませ~ん…
シーソーに乗った 無愛想な男女が ギッタンバッタンします…。
 

テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

tag : スノードーム

スノーグローブ 『 ブリューゲル 雪中の狩人 』

先日、お土産にいただいた スノーグローブ のひとつです。

オーストリア 『 ウィーン美術史美術館 』 にて購入。

IMG_4064.jpg  ブリューゲル の有名な絵画 『 雪中の狩人 』 の 
  
  スノーグローブ 。
  
  こちらをみただけでは まったく…わかりにくいですが
  
  一度はみたことがある絵画だと思います…。
  
  








ブリューゲル は他にも 『 バベルの塔 』 などの絵画があり
どちらかというと こちらの方が かなり有名かもしれません。

海外の美術館では フローティングペン (水が入って絵が一部動くボールペン)は
たまに グッズのコーナーでみかけたりしますが スノーグローブ は見かけたことがありません。 

美術館グッズで スノーグローブがあるのは ホント珍しいです。
これからどんどんふえてくれたら嬉しいです♪
  

テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

『 赤毛のアン展 』 出版100周年記念企画 行ってきました。

9月4日から9月15日まで 高島屋大阪店 7階グランドホールにて
『 赤毛のアン展 』 が開催されています。

IMG_5640.jpg

入口をはいるとすぐ アンの原作者
ルーシー・モード・モンゴメリーのコーナーが。

いきなり お話にも出てくる陶器の犬 『 マゴグ 』 !!!
その存在感にびっくりっ!!!
小さな陶器の犬かと思いきや 大きいじゃぁないですかぁ~。
ガラスのショーケースの中で でででぇぇ~ん。
100年前の陶器の犬の置物に しげしげと見入ってしまいましたっ。
この犬 本当は 『ゴグ & マゴグ 』 という対の犬の陶器だったのですが
ゴグの方は残念ながら壊れてしまって今はマゴグしか残っていないそうです。
そんな貴重な陶器の犬が日本に来て壊れやしないか…マジで祈っておりますっ

今回の 『 赤毛のアン展 』 一番のみどころは
なんと言ってもモンゴメリーの直筆の原稿がみられることです。
ついにワタシも見ましたっ♪薄暗いライトのもと…
…はっきり言って目が点になるくらい
アルファベットの判別もつかないぐらい達筆に書かれていました…

その横には 当時出版された貴重な 『 赤毛のアン 』本が何冊か。
100年のにおいをかいでみたかったけど
貴重なためガラスケースの外からじぃぃ~っと。
許可なく出版された本もあり これはモンゴメリが訴えて
すぐ 出版禁止になったためよけい貴重な本となってしまったそうです(笑)
…当時は大胆な出版社があったもんですねっ。

モンゴメリーが作ったというあのクレイジーキルトも
展示してありました。


次のコーナーは翻訳者の村岡花子さんのコーナーです。
カナダ人の宣教師ミス・ショーが当時 戦争で雲行があやしくなった頃
国へ帰る時に “ 友情の証  ” として
『 赤毛のアン 』の 原書を村岡花子さんに贈ったそうです。
戦時中(第二次世界大戦) 村岡花子さんは この 『 赤毛のアン 』を
翻訳し続け 空襲警報が鳴ると アンの原書と原稿を
風呂敷包みに包んで かかえて避難されていたそうです。

あの懐かしい『 赤毛のアン 』のアニメも上映されていました。
当時のカナダでのお料理やお菓子はどんなだったか
当時の古い洗濯機やアイロン インク壺や町並みの写真等々
プリンスエドワード島での『アンの部屋』も一部再現されていました。

『アンの部屋』では当時部屋に水道がないため
水差しに水を入れ顔や手を洗うときに洗面器のようなものに
水差しから水を入れ洗っていたそうですが
その水差しが意外に大きかったのでこれまたびっくりっ!

プリンスエドワード島での写真の本を何冊も出されている
有名な 写真家 吉村和敏さんのコーナーもありました。
あまりにもきれいでプリンスエドワード島を何度も訪れる人の
気持ちがわかりました~。


IMG_5641.jpg

グッズは『赤毛のアン』のクリアファイルに
ポストカードを3枚選びました。
吉村和敏さん撮影の『グリーンゲイブルズ』。
内田新哉さんスケッチの
『モンゴメリが勤めていた郵便局』と『陽だまりの庭』。



IMG_5648.jpg

『 ゴグ&マゴグ 』のチャームのついたボールペン。
実際に小さな『 ゴグ&マゴグ 』の陶器の置物を売ってたんですが
5千円以上の値段がついてたため買わず(笑)
この小さなチャームで十分満足です~♪

初日の平日に行ったためなんと入場者の年齢が
かなりご高齢だったような…
みなさまいつまでたってもアンのような夢みる心を
忘れないそんな方たちばかりでしたっ。
中には熱心なおじさんもいらっしゃいましたが(笑)




テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

仙

Author:仙
プリンスエドワード島。赤毛のアン。
スノードーム。がま口。
ポストカード。手づくり市。
マスキングテープ。
昭和レトロなきせかえ人形(紙)も大好きです。

※画像の無断転載禁止でございます!!!



カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

お気に入り リンク

naruto.jpg
 『keroyonの なると屋』  サン(がま口財布など)                                               

csya-ban2.jpg         『白うさぎ畑』 サン 創作同人漫画・豆本・小説

wwb-5.jpg 漫画家  篠原烏童先生 公式サイト                                     

20060915090254.gif         少年ドラマ伝説(NHK少年ドラマシリーズ)  

月別アーカイブ

最近のコメント