FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

最近のトラックバック

お気に入り リンク

ブログ内検索

『 少女マンガパワー! 』 牧美也子先生 竹宮恵子先生

『 恵文社一乗寺店 』をあとにして 叡山電鉄『一乗寺』へ。
なんせ無人の駅で改札もないため 
切符はどうやって買ったらいいのかキョロキョロ???
ありましたっ…駅のホームの真ん中にぃ~!

無事 切符も購入し 再び 京阪電鉄『出町柳』より『三条』へ
『三条』で東西線の地下鉄に乗り換え『烏丸御池』で下車。
2番出口をあがって右に交差点がすぐありますので
そこを左に曲がるとじきにもともと小学校だった校舎が見えてきます。
こちらが『 京都国際マンガミュージアム 』です。

IMG_5296.jpg

ここで 『 少女マンガパワー! 』という原画展が
7/19~8/31まで開催されています。

◎出展作家は23名

手塚治虫・わたなべまさこ・松本零士・石ノ森章太郎・ちばてつや
水野英子・牧美也子・里中満智子・一条ゆかり・池田理代子
美内すずえ・竹宮恵子・山岸涼子・萩尾望都・陸奥A子
くらもちふさこ・岩館真理子・佐藤史生・吉田秋生・岡野玲子
CLAMP・今市子・よしながふみ (敬称略)


特別展に入ってすぐ 手塚治虫先生の『リボンの騎士』が♪
子供の頃何度も再放送してましたっ。

そしてうしろのショーケースには 
ななっなんとっ 手塚治虫先生の【漫画大学】
はじめて実物を目にしましたっ!
あっでもさわれない~中を見れない~!

水野英子先生も牧美也子先生も当時この【漫画大学】を読んで
多大な影響を受けた本なのだそうです~。

原画もすてきだったけどショーケースの中が
なんだか懐かしくって昔持ってた本や付録もあったので楽しかったです。

今市子先生の『百鬼夜行抄』のカラーはやっぱり素敵でした~。
森川久美先生と山岸涼子先生とささやななえ先生の
アシスタントをされていたとかっ。はじめて知りましたっ!

陸奥A子先生や岩館真理子先生やくらもちふさこ先生は
デビュー当時の絵柄に比べるとどんどん繊細で
消え入りそうなくらい細いタッチになっていましたっ。

牧美也子先生の女の子の絵はやはりかわいくて印象的でした。
レディースというか大人向けの漫画に転向されてからは
…ほとんど牧先生の漫画は読めなく(笑)なりましたが…


こんなに多くのプロの原画を一度に観ることは
なかなかできないので本当に貴重な時間でした。
しいて言えば一人の漫画家さんの原画の数がもっとあれば
もっともっと良かったかなぁ~…


そのあと14時より 牧美也子先生と竹宮恵子先生の座談会がありましたっ♪
はじめてみるお二人はとてもファッショナブルで
お話は漫画家になったきっかけとか大人向けの漫画に転向した理由とか
髪の毛の色が日本人なら黒が多いのに牧先生の絵は茶色が多かったことや
貸本漫画をものすごく読んでいらしたことや
当時は少女漫画は男の人が描いていてほとんど女の漫画家はいなかった話や
源氏物語を描くいきさつなどとても興味深いお話が多かったです。

心なしか竹宮恵子先生もかなり緊張されていたような…
牧美也子先生もあまり表には出てはこられないですが
これにこりずにまた京都で座談会や原画展を開いてほしいです~。

併設されている喫茶店に牧美也子先生の絵が加わりましたよ。
入口はいってすぐ右の壁になりますっ!!!

IMG_5299.jpg
図録とチラシです♪




スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

『 少女マンガ3人展 』  水野英子 青池保子 文月今日子 下関市立美術館

7月20日(日) 『 少女マンガ3人展 』 を観に
山口県の 下関市立美術館 に行ってきました。


IMG_5245-3.jpg


下関出身の漫画家 水野英子先生 と 青池保子先生
下関在住の漫画家 文月今日子先生
の3人の漫画家による原画展です。
一部 原画ダッシュ(原画を忠実に再現したもの)も含みます。

※水野英子先生の作品においては
昔は漫画の原稿というものは作者の手元に戻ってこず
雑誌にするための印刷の段階で処分されたり…で
ご本人自身お持ちでないとのことで
古い雑誌の作品からスキャナで取り込んで
展示された作品もありました。

最初の展示室は 水野英子先生でした。
幼少時 はじめて本屋さんへ行って購入した単行本が
『すてきなコーラ』でしたので特にコーラに出会えたことが
一番感慨深かったです


展示室の真ん中にはガラスのケースにおさめられた
貴重な昔の単行本や雑誌が飾ってあります。
その中で見つけました~。
ワタシの大好きなショウワノートが3冊。
2冊は見たこともない水野英子先生のショウワノートでしたので
写真に撮れないのが本当に残念でしたっ。
ハニーハニーのスケッチブックもありましたっ!

続きの展示室は 青池保子先生でした。
青池先生の作品はほとんどカラー原稿で
実に緻密に描かれこれホントに原画なの?と思うぐらい
海や雲の描き方や光のとらえ方がすごかったですっ!
(トークショーでも海を描くのが大好きとおっしゃてましたっ)

ガラスの額の中に入ってなかったら
もっとじっくり細部まで研究(?)したかったのですが…
衣装の凝り方がもう尋常じゃないぐらいすごかったです。


最後の展示室は 文月今日子先生でした。
文月先生の作品は ほんとに色合いが癒し系~です。
少女フレンド時代の作品は実はワタシはあまり読んだことが
なかったのですが『銀流砂宮殿』『金のアレクサンドラ』あたりから
あっこの人の作品いい~と新刊が出るたび購入するようになりました。
そのカラー原稿もありましたっ。(砂丘に女の人が佇むシーン)
マジマジと見入ってしまいましたっ!



13時からは光の庭で
3人の先生方によるトークショーが開かれました。


水野先生はもう少女マンガ界の巨匠・大御所的な存在で
どっしりときびきびとお話され年齢よりもずっと若く見えましたっ。

青池先生はどちらかと言うとお笑い系の楽しそうな先生で
文月先生はご本人自身マンガから出てきたような
かわいい系キャラでした。特にお声がかわいい~。


トークショーではいろんなことを語ってらしたんですが
その中で漫画家になったきっかけが水野英子先生は
貸本屋さんがご実家のすぐ目の前か斜め前にあったとのことで
貸本屋さんに行って貸本漫画を借りるのが日課だったとのことです。
時間があればこの貸本時代のお話とかもっともっと語ってほしかったです。

あと水野先生のお話の中で下川洋子先生のお話が出てきました。
下川洋子先生も会場にいらして紹介されていらっしゃいました。
『星のたてごと』の代筆のお話がとても興味深かったです。

北島洋子先生のお話も
結婚式の新婚旅行に行く直前までマンガを描いておられたとか。
その続きを水野先生が代筆されピンチの時には
漫画家さん同志助け合っているお話などとても楽しいトークショーでした。

トークショーは13時から14時半までで
あとはファンの方からの質問コーナーでした。
でそのあとサイン会があったのですが
ワタシは残念ながら時間がなかったので
ファンの方の質問コーナーから去らさせていただきました。

画像は 左はチラシで 右が図録としおり3枚です。












テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

少女マンガの世界 原画’(ダッシュ)京都展

京都国際マンガミュージアムで 11月23日から開催されている
『 少女マンガの世界 原画’(ダッシュ)京都展 』 を見に行ってきました。

IMG_4210.jpg

昭和30年代~40年代に活躍された漫画家さんの
原画もどきのような原画展です。
原画もどきというのは原画のようであって
実は限りなく原画に近い状態でコンピューターで複製された原画だそうです。
(原画の破損や紛失をさけるためであることと
 なかなか原画を貸し出すことをしない漫画家が多いなか
 こういう方法で表に出て展示できるという試みだそうです。)

みためはほんとに原画と言えるほどすごい複製です。
なんと言っても漫画家さんが鉛筆で書かれた線や文字まで
正確に複製されています。
今まで何回か原画展を見に行ったことはありますが
これが複製と言われなければきっともともとの原画だと
思える位すばらしい複製です。

IMG_4216.jpg


今回の作家陣がすごいメンバーでした。
あすなひろし・今村洋子・上田としこ・上原きみ子
北島洋子・佐藤史生・高橋真琴・竹宮恵子
巴里夫・水野英子・わたなべまさこ 先生方です。(敬称略)

その中でもぜひとも見たかったのが 北島洋子先生です♪
なんと言っても私の超~お気に入り きせかえノート『スカーレット』の作者です。

カラー原画の(一応ここからはすべて原画と表現)すばらしさっ!!!
バックの細部までまったく手を抜いてないんですよぉ~~~。
電飾一個一個が 『ぎぇ~っ!きれい~~~!!!』 と
思わず叫ばずにはいられませんでした。
北島洋子先生のデビュー作 『 氷の城 』 もはじめてみることができました。
初期の頃の絵は今の画風と少し違った雰囲気でしたが
それから2年経って今の画風で 『 森の子カンナ 』 を発表されています。
もう北島洋子先生の作品を見れただけで幸せ~。

12月9日(日)になんと北島洋子先生やわたなべまさこ先生
巴里夫先生・今村洋子先生・竹宮恵子先生など
ご来館されトークショーがあるみたいなんですが
残念ながらこの日京都まで行けないんですよぉぉぉ~~~。
北島洋子先生のお話聞きたかったなぁぁぁ~~~。

高橋真琴先生も12月14日・15日・16日とご来館され
作画の実演をされるみたいです。

他の先生方の作品もとってもすばらしく
時間があればいつまでもいつまでも見ていたかったです。



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

仙

Author:仙
プリンスエドワード島。赤毛のアン。
スノードーム。がま口。
ポストカード。手づくり市。
マスキングテープ。
昭和レトロなきせかえ人形(紙)も大好きです。

※画像の無断転載禁止でございます!!!



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

お気に入り リンク

naruto.jpg
 『keroyonの なると屋』  サン(がま口財布など)                                               

csya-ban2.jpg         『白うさぎ畑』 サン 創作同人漫画・豆本・小説

wwb-5.jpg 漫画家  篠原烏童先生 公式サイト                                     

20060915090254.gif         少年ドラマ伝説(NHK少年ドラマシリーズ)  

月別アーカイブ

最近のコメント